« ブログは難しい? | メイン | 洋服と化粧でわかる »

愛されてるーー。

アメリカに、ランチの時に必ず亡くなった奥さんの写真をテーブルに置く男性がいるんですって。
うわーー!でしょ?
愛されてるーー。

ジョージア州グレンビルに暮らすクラレンス・パーヴィスさん(なんと93歳!!)
が生涯の伴侶キャロライン・トッドさんに出会ったのは1948年、
クラレンスさんが24歳、キャロラインさんが16歳の時だったそうです。

2人はすぐに恋に落ちて、翌年に結婚。

それからキャロラインさんが2013年11月22日に81歳で他界するまで、
およそ64年にわたり2人は共に人生を歩み家庭を築き、
3人の子供、6人の孫、2人のひ孫に恵まれました。

亡くなるまでの13年間は夫婦でお気に入りの地元のレストランへ向かい一緒にランチを楽しんできたというのです。

キャロラインさんの亡き後も、クラレンスさんは変わらずそのレストランへ足を運ぶわけ。
愛妻の姿はなくとも、キャロラインさんの写真をテーブルの上に置いて食事をするんです。

「妻が生きている時はいつも私と一緒にいたからね。だから今でも一緒にいるんだ。」
って。。。
うぅ、、、泣ける。。

毎日何回もお墓参りに行くんですって。
素晴らしいですねー。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.promessafoundation.org/mt3/mt-tb.cgi/51

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年03月01日 07:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ブログは難しい?」です。

次の投稿は「洋服と化粧でわかる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38