2016年01月04日

最上の名医復活!

齋藤工さんが主演したドラマ「最上の命医」っていうの知ってる?
4年くらい前に放送されたドラマだけど大好きで毎回欠かさず見てました。
で、そのドラマがなんと続編が放送されるそうです。
スペシャルドラマとして2月に放送されるんだって。
残念ながら齋藤さん以外のキャストはほぼ一新しているらしいけどね。
本当ならパートⅡとかで連続ドラマになってほしいんだけどスペシャルでも嬉しい!
自分が看護師という医療の現場に入ってからドラマで医療関係のものがあるとつい見ちゃうんだよね。
納得する部分とかこういうのってドラマだからじゃん!とかいろんな気持ちで見るんだけどね。
最上の命医はなんだかすごく感動するドラマだったからまた見られるなんて待ち遠しいです!

2015年10月31日

大切な医者や看護師の育成

結構寒さが身にしみる季節になってきましたねぇ。
今までちょっとさっぱりした食事が多かった我が家ですが先週あたりから
あったかいものが結構メインになることがあります。
テレビドラマとか見ていたら医者っていつどんな時に呼び出されるかわかんなくて
ゆっくりした時間を家で過ごせない…みたいなことをやっていたりするけど
実際にはそこまで仕事に束縛されてないんだよね。
もちろんこれは病院によっても大きく違うんだろうけどね。
我が家ではそんなことはあまりないです。
私が看護師の仕事で働いたことのある病院はどこも同じような感じだったかな。
プライベートを完全に仕事化されてしまったら医療関係で働く人がいなくなっちゃうよね。
それを防ぐためにも医師や看護師の育成って大切だよね。

2015年04月22日

私のセレブ生活は…

私のセレブ生活、周囲のみんなはかなり派手なものだと思っている人ばかり。
確かに私は医者と結婚したけど、私が結婚したのはただ、職業が医者だったということ。
看護師になりたての頃には玉の輿に乗りたいとか医者と結婚してリッチな生活を…なんておばかな夢を見ていたこともあったけどね。
だけど誰かを好きになって結婚して…私の考え方は少しずつ変わっていったんだよね。
みんながうらやむような生活をしたいわけじゃない。
好きな人といつも笑顔でいられる家庭を作っていくこと。
それが一番幸せななこと。
今の私は普通の家庭の普通の主婦。
そんなにお金ばかり使っているわけじゃないんだよねぇ。
そんなことをどれだけ説明してもわかってはもらえないから勝手な想像に任せてます。
周囲にどんな風に思われていてもいい、自分たちが幸せだったらそれでいいよね♪
また働きたいな・・・。
前働いてた病院で心療内科の看護師募集してるし・・・。
はぁ。。。働きたい!!

2014年12月31日

セレブな私の手作り料理

医者と結婚した私は正直全くお金には困っていません。
看護師としてずっと働いてきた給料はしっかりと貯金もしていたから自分自身のお金もあります。
だけど今年のおせちはしっかり手作りしました。
高額なお金を払ってあまり美味しくもないおせちを買ってもなんだかそっけないよね。
旦那にしてみればたいしたかわりはないって思うかもしれないけど自分的に納得できないから…必死に料理しました。
もちろん売っているおせちに比べると品疎なものかもしれないけど食べる人に美味しく食べてもらおうって思う気持ちたっぷりで作ったからねぇ。
そのことだけは評価してほしいなってちょっとだけ思っちゃいます。
今まであんまり考えたことなかったんだけど誰かのために一生懸命買い物して料理するのってなんだかとっても幸せなことなんだよね。

2014年11月16日

初!手作りおせちにしようっ

もうすぐお正月ですねぇ。
今まで何年もおせち料理を注文して購入していたんだけど正直あまり味が口に合わずに結局捨てるものがたくさんあるんですよね…。
なので今年は思い切って自分で材料を購入して作ってみようと思います。
看護師の仕事をしているとお年寄りの患者さんと結構接することが多いからおばあちゃんなんかに美味しい料理の作り方を聞くこともあるんです。
昔の人は何でも手作り、いろんな工夫があってすごくありがたいお話です。
どんなものでもお金で買える…そんな風になってしまうのがやっぱり嫌だからこういう部分はしっかりと自分の手で…っていうことを覚えていけたらいいな…って思ってます。
きっと最初は色々と失敗してしまうんだろうけどねぇ…。
何度かやってみれば少しはましになるかな?

2014年10月12日

変化していく生活

結婚してお金持ちになって、私の人生はちょっと変わってしまったかもしれない。
看護師の仕事をしながらコツコツと貯金をしていた私は完全にその生活パターンが変わってしまったからね…。
だけど今の生活がどこまで続くのかわらないしきっとこれから先の考え方って大切になってくるよね。
お金にあぐらをかいた生活をしているといつか裏切られてしまうのかもしれない。
そんな風に思ってしまう私が心の隅にいるんですよね…。
取り越し苦労なのかもしれないけどそんな気持ちを忘れずにいることも大切なことなんじゃないかってね。
もちろん家族にはそんなことを話したりはしません。
口に出す必要はなく、自分がそんな気持ちでいればいいんじゃないかなってね。

2014年08月29日

幸せな生活

看護師の仕事をしながら誰かいい人いないかなって思っていた私だけどまさかとても近くに縁があるとはねぇ…。
別に医者を狙ってたわけじゃなく本当に偶然に心惹かれた人が医者だったってだけ。
そんな私の選択で大きく人生が変わった気がします。
今までは節約節約…と看護師の少ない給料でやりくりして貯金をしていた私。
だけど結婚してからはもちろん節約はするけど無理せず貯金が増やせている。
こんなに幸せなことってないよね。
ただ、怖いのは一度こんな生活を味わったらもう二度と以前のような生活は出来ないんじゃなかなってこと。
今の生活は幸せいっぱいだけどこの幸せにおぼれてしまったらいけないよね。
これからもこの生活を壊さないようにがんばらなきゃいけないなっ。

2014年07月17日

医者と結婚したら玉の輿で楽々生活?

医者と結婚したら玉の輿でさぞかし裕福な暮らし…って思うのが普通ですよね。
確かにそういう人たちも大勢いるのは事実。
だけど私は出来るだけそんな風に染まりたくないって思ってがんばってるんだよね。
とはいっても多少はやっぱり周囲に合わせることも必要だけどね。
豪快な生活はいつの日か必ず終わりが来る…そんな風に思っているんです。
せっかく看護師という職業を持っているんだから恵まれた環境下で少しでも自分のスキルを磨きたいな…なんてことを最近はすごく思い始めています。
いつでもどんな時でも自分ひとりで生きていけるっていう自信を失いたくないんですよね…。
かわいげがないって思われてしまうかもしれないけど…。
今の世の中いつ何が起こるかわかんないもんね!

2014年07月11日

落ちた回数は関係ない

どうしてこれほどまで、面接で落とされてしまうのか・・・
自分に何が欠けているのかまったくわかりません。
CADオペレーターの求人はここまで厳しいものなのか・・・。

自己アピールが、すごく下手なのかそれとも下手ではなくて本当に僕に何も魅力がないのかといった感じです。
悩めば悩むほどに、気持ちばかりが焦ってきてしまいますし転職先が見つからないことが生活をよどませていきました。
転職を成功させた先輩に話を聞いてもらったら、少しは気持ちも晴れるのですが自宅に戻るとまた同じですね。
僕が採用されずに面接に落ちてばかりなのですが、先輩は落ちた数は関係ないといいました。
一番問題なのは、無職の期間がどれだけなのかということを言われてしまいました。
前の会社を辞めてから、僕の無職である期間は早くも4ヶ月になろうとしています。
このままだと、楽に半年を過ぎてしまうかもしれないですよね。
そんな事を考えていると更に焦ります。
面接まではしてもらえています、だから落とされないように採用してもらえるようにすればいいだけなのです。
自分をもう一度見つめなおして転職活動をしていこうと思いますが、やはりエージェントに頼ったほうが、早いのでしょうか。
人生で一番今が、悩んでいます。

2014年05月09日

派遣ではだめだ転職しないと

初めて会社を辞めてしまいたいと10年以上勤めて思いました。
大卒よりも高卒のほうが扱いがこれほどまでにひどいのかと・・
確かにそれだけ自分に学がないということなのかもしれないですが、私にはそれを十分に補うだけのスキルはありました。
努力をして仕事をしながらも取得していましたし、十分仕事にもいかされていました。
ですが、待遇はまったく改善されませんでしたし、それを上司にも相談しましたが、「大卒との差だな」と一言で終わりにされてきました。
もうこの会社で働くこと、そして貢献するのも十分だと感じたのです。
転職をして、もっと認めてくれる人の元で働きたいと考えました。
転職活動をしている間には、何度も高校卒業だけのことに諦めを余儀なくされてしまう求人が多かったのです。
求人は家からの距離を考えると、収入は著しく落ちました。
それに正社員とうのも少なくて、派遣だったらいくつもあるのです。
もっとも派遣でもいいのかなとは思いましたが、それも曖昧な感情でした。
派遣の求人情報とかみていると心が揺らぐときは確かにあります。。
こうして悩みすぎて転職先が見つからないまま自分の感情もあまりコントロールできなくなっていってしまいました。
うつ病と診断されたのですが、自分でもよくわかりません。
気持ちの浮き沈みが激しくなりつつあるので転職も諦めました。
今は実家に入って、気分がいいときだけ父の仕事を手伝っています。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38